飲む日焼け止め 比較ランキング

最近、日差しの強い日が続いていますよね。

 

これからの時期、紫外線から肌を守るために、日焼け止めが欠かせなくなってきます。

 

最近巷で「飲む日焼け止め」が日傘、日除け帽、マスク、ストール、アームカバーと共に注目を集め、話題になっています。

 

今までの日焼け止めだと、肌に直接塗る手間だったり、汗で落ちてしまう事で塗り直しする事もあったのですが、直接塗る手間を省き、飲むだけで日焼けを防ぐことができる手軽さ、そして効果もあるという事で口コミや評判が拡がり、通販でも人気の商品が増えてきています。

 

ここでは、2017年最新の飲む日焼け止めを、口コミや評判の高い順番でランキングにまとめましたので、参考にして下さい♪

 

また、飲む日焼け止めってどうなの??という購入前に抱く疑問や不安を、少しでも解消するために必要な情報も随時更新していますので、合わせて参考にお読み頂ければと思います。

 

 

メディパラソル

メディパラソルの特徴

  • 国内生産、GMP認証工場で製造&品質管理のため高品質で安心♪
  • 4つの植物由来イタリア産「ブラッドオレンジ」、フランス産「オリーブ」、スペイン産「ザクロ」、イスラエル産「トマト」の地中海産の植物由来で製造♪
  • 日本人向けにブレンド、しみ、しわ、くすみ、たるみなど、将来の肌トラブルの予防に最適♪

価格 初回990円
評価 評価5
定期コースの条件 4回目以降はいつでも中止出来る継続コースです
 
 

美百花

美百花の特徴

  • 主原料はシトラス成分のグレープフルーツ、ハーブ成分のローズマリー♪
  • 子どもも大人も使用が可能、国内生産で、品質管理も万全を期しています♪
  • 持続時間は、約4〜6時間ほど、1日2〜5錠で効果も持続です♪

価格 初回500円
評価 評価4
定期コースの条件 5回目以降は連絡一つでいつでも休止、再開、解約可能です。
 
 

ホワイトヴェール

ホワイトヴェールの特徴

  • メディアに数多く紹介、掲載された大好評のサプリメント♪
  • ニュートロックスサンを高配合、ザクロエキス、メロンプラセンタ、ルテイン、クロセチン、ローズ、アーティチョークなど、様々な美容成分が配合♪
  • 目安は1日2粒、これだけで日焼け対策はバッチリです♪

価格 初回980円
評価 評価4
定期コースの条件 届け回数に指定が無いので、いつでも解約、休止が可能
 
 

雪肌ドロップ

雪肌ドロップの特徴

  • 天然由来ポリフェノール「ニュートロックスサン」配合、コラーゲンやビタミンC誘導体も補給♪
  • 植物プラセンタでアミノ酸、ミネラル、ビタミンを摂取、混合ハーブエキスと共に美容をサポート♪
  • ザクロエキス、リコピンをはじめとする美容成分も惜しみなく配合♪

価格 初回1,980円
評価 評価4
定期コースの条件 最低3ヶ月(3回)以上の継続、4回目以降は次回発送日の7日前までに休止可能
 
 

インナーパラソル16200

インナーパラソル16200の特徴

  • 海外セレブも注目の新感覚UV対策♪
  • ニュートロックスサンを高配合、その他にもパインセラ、コプリーノ、ビタミンC、ビタミンPも配合し、UV対策と同時に美容対策もサポート♪
  • 安心の国内工場、GMP基準、HACCP、有機JAS認定の品質管理で安心の生産管理♪

価格 初回990円
評価 評価4
定期コースの条件 最低3回の受取が条件、4回目以降は中止、変更が可能
 

飲む日焼け止め 危険 癌

飲む日焼け止めはとても便利である一方で、飲む日焼け止めに癌のリスクがある!というウワサもあります。

 

実際のところ、飲む日焼け止めは癌とどのような関係があるのでしょうか。

 

日焼け止めが「危険」と言われているワケとは…

インターネットで「飲む日焼け止め」と検索すると、「危険」や「癌」などの恐ろしい単語が出てきます。これだけ見ると、飲む日焼け止めは人体に悪い影響をもたらすものというイメージを持ってしまいますよね。

 

なぜ、このような悪い印象が独り歩きしてしまっているのでしょうか。

 

 

それは、「塗る日焼け止めに発癌性物質が含まれている」ことが関係していると考えられます。

 

なんでも、塗るタイプの日焼け止めには、紫外線を通さないために、酸化チタンや酸化亜鉛などを含む、紫外線吸収剤、紫外線反射材などを材料として使っていて、これらに発癌性物質が含まれていると認識されているのです。

 

あくまでも「塗る日焼け止め」の場合の話なのですが、日焼け止めというカテゴリーでは一緒です。

 

そのことから、塗る日焼け止め同様、「飲む日焼け止めは癌になる危険性がある!」という情報が出回ってしまったのだと考えられます。

 

 

飲む日焼け止めに、癌になる危険性はゼロ!

では、飲む日焼け止めにも発がん性物質が含まれているのでしょうか?安全性の面ではどうなのでしょうか?気になるところですので調べてみたところ、「飲む日焼け止めには癌になる危険性は全くない」事が分かりました。

 

色々なウワサや情報を耳にすることもあるかもしれませんが、飲む日焼け止め自体に発がん性がある根拠はないのです。

 

 

むしろ、飲む日焼け止めは皮膚のケアをするだけでなく、将来癌になるリスクを軽減することができると言われています。

 

飲む日焼け止めは、日本のみならず世界中で多くの人が使用している、安全性の高いものなのです。

 

 

主成分は塗る日焼け止めとは違い、天然植物由来のものや、身体に害のない安全なものを使用していますし、飲む日焼け止めは薬ではないので、副作用の心配もありません。

 

 

さらに、商品によっては、皮膚科で取り扱っているほど、安全性の高いものもありますので、塗るタイプに比べて信用性が高く、人気があるのもうなずけます。

 

 

飲む日焼け止めの効率の良い飲み方や注意点は?

飲む日焼け止めは、飲んですぐに効くような即効性はありませんので、外出するときには事前に飲んでおく必要があります。

 

だいたい30分前には飲んでおくと、外へ出たときには飲む日焼け止めの効果が発揮します。

 

 

また、塗る日焼け止め同様、1度飲んで効果が1日続くというものではありません。

 

目安として4時間程度の持続効果なので、飲んだ時間に合わせて再度服用するように調整する必要がある事を覚えておきましょう。

 

 

 

飲む日焼け止め 危険 胃痛

飲む日焼け止めは、飲むことで体の内側から日差しの紫外線から肌を守るためのサプリメントです。

 

身体に害のある成分は含まれていないため、とても安全性が高く、信用できるものです。

 

ですが、
飲む日焼け止めを服用すると胃痛が起こる心配がある…
という声も、ちらほら耳にします。

 

 

結論から言うと、あくまでも薬ではないため、強い副作用が出るなどの心配はありません。

 

ですが、いくら安全性が高いとはいえ、飲みすぎには注意が必要です。

 

 

飲む日焼け止めだけに関わらず、どんなに優れた栄養のあるサプリメントでも、「規定の服用量以上を飲むことは、むしろ体に悪影響を及ぼす危険性」があります。

 

また、普段から常用している薬がある人は、飲み合わせも考慮しなければなりません。

 

このようなことが引き金となり、「胃痛」として体に症状が現れることも考えられます。

 

 

ですが、飲む日焼け止め自体に副作用があるということではなく、あくまで服用量や飲み合わせなどが原因の可能性が高いです。

 

医薬品を飲んでいる場合は担当医師に相談を、そして、記載されている服用量は守るようにしましょう。

 

 

飲む日焼け止め アレルギー反応による胃痛には注意

飲む日焼け止めによって胃痛が起こる原因にもう1つの理由として「アレルギー反応」の可能性があります。

 

飲む日焼け止めの主成分は、植物由来のものが一般的です。

 

 

使われているものは飲む日焼け止めによって様々ですが「ヘリオケア」という飲む日焼け止めには、シダ植物由来の成分が使用されています。

 

この場合、シダアレルギー持ちの人だと、服用によってアレルギー反応が現れる可能性があります。

 

そのとき、アレルギー反応の1つとして「胃痛」が起こる場合もあるのです。

 

そのほかにも、シトラス系であったり、ローズマリーなどのハーブエキスが成分として含まれているものもあります。

 

 

飲む日焼け止めを選ぶ時には、どんな成分が使われているのかをしっかり確認することが大切です。

 

ちなみに、日本国内製造の飲む日焼け止めについては、エビ、カニ由来の成分が使われていることが多いです。甲殻類アレルギー持ちの人は選ばないようにしましょう。

 

 

飲む日焼け止め 日焼けで胃痛が起こる?

ここまで、飲む日焼け止めを使う事で胃痛が起きる可能性についてお話してきましたが、「日焼けをしたら胃痛が起こる」ということはありません。

 

が、日焼けをするということは、長時間強い日差しを浴びるということです。

 

 

日差しを浴び続けると、日焼けをするだけでなく、「熱中症」にかかる危険性もあります。

 

この熱中症の症状のひとつとして、胃痛が起こる場合があるのです。

 

 

また、日焼けをしすぎると肌にヒリヒリして、触るといつもより熱く感じることがありますよね?

 

肌が熱を必要以上に熱を持つと、身体は想像以上に体力を消耗します。

 

 

身体が疲れ、疲労が出ることにより、身体色々な症状が現れる可能性があります。

 

悪寒や倦怠感をはじめとして、発熱、頭痛、そして胃痛を引き起こすこともあるのです。

 

日焼けをしないよう飲む日焼け止めでしっかり対策をすることはもちろん、もし日焼けをしてしまった場合は、日焼けしたところを冷やすなどして熱を下げるようにしましょう。

 

 

2017年8月2日更新!

飲む日焼け止めには効果が本当にあるのか?効果が持続する時間や心配な副作用の有無などをまとめています。

 

→ 飲む日焼け止めは効果が持続する時間は?副作用はほとんどないの?

更新履歴